年収200万円の住宅ローン審査

住宅ローンガイド

年収200万円でも住宅ローン審査は通るでしょうか?

住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

審査通るかどうかという結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

たとえ審査通りやすいと評判の銀行でも万一審査に落ちたら住宅ローンは組めません。

審査に通れば、契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

気になる諸費用の金額ですが、借入する額によって人それぞれなので、銀行側からちゃんと指示がありますよ。

一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

一生の中でも一番大きな買い物とも言える、真剣に選びたい住宅ローンをどのように選択しましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、別の年収200万円でも住宅ローン審査に通りやすい銀行で借り換えを考えている方も口コミを見てみましょう。

今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。

理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。

保証料や失病保障などの手数料もかからず、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

実際に電話やメールなどで問い合わせをしたり店舗に足を運んだりしてしっかり納得して申込するといいですね。

住宅ローンを銀行から借りよう思ったらまず、まずは審査通りやすいところや金利を比較しつつローンをどこの銀行にお願いするか決めないといけません。

ネットバンク・労金・地元の信用金庫など住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。

申し込みをする銀行による住宅ローンの審査は異なりますが、審査通ると手続きに入りますがネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。

実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。

店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や多忙を極める人にとても人気がある住宅ローンです。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、そのためには必ず住宅ローン審査に通らなければいけません。

もちろん、住宅ローンを借りる必要がなければいいのですがそういう方は数少ないのではないでしょうか。

ですから、一般的には審査通りやすい等自分の条件に合う銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通る方も通らない方も出てきます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。それでは年収200万円では住宅ローンの審査に通らないのでしょうか?

参考:住宅ローン審査に年収200万円で通るには?【借りられる限度額いくら?】

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

やっと新築を建てて住み始めてローンを返済している間に働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。

一見高く見えるかもしれませんが、それほど大きな差は無いので何かあった後では遅いので、住宅ローン審査が通りやすい銀行を見つけたら今から準備しておきましょう。

自分の家を建てよう!と思ったとき住宅ローンが力になってくれるでしょう。

申請方法は、銀行・信用金庫から出来ますが家を購入する際は不動産屋に足を運ぶ方が多いと思うのでその会社で協力している審査通りやすいような銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

返済期間は人によってまちまちですが最長35年まで借り入れする事が可能です。

とはいっても、申込時の年齢によって不可能になる可能性もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは難しいケースが多くあるようです。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い知らないと損するかもしれない、そんな住宅ローン審査通りやすいような銀行を案内致します。

『イオン銀行』の住宅ローンがお得だととても評判なのです。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、かつ住宅ローンを借りている人限定でイオンでショッピングをすると割引となるサービスを受けることができます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

これから先、親との一緒に住むことになっている方にこの機会に覚えて頂きたい便利で低年収でも審査に通りやすい住宅ローンを紹介致します。

規定として融資を得るためには、年齢が決まっているので高齢になると申請できないといった問題があります。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなく返す時期をずらしていく為に可能なのです。

こうした理由から、年齢のいっている方でも申請出来るのですね。

困った時はスタッフに相談してみても良いですね。

 

住宅ローン審査と年収の関係とは?

あなたが家を建てるときに頼るのが住宅ローン。

申し込み法は手軽にでき銀行ならどこでも受付ていますし忙しく人は審査通りやすいものや利率がお得と言う口コミもあるインターネット銀行を使うというのも一つの手法です。

なおかつ、お世話になる不動産に紹介される銀行等に決める方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合10年に渡って住宅ローン減税を受けられます。

その場合年末調整では受付不可なので初年度は確定申告を自分でするということを忘れないで下さいね。

これから新しく住まいを購入される方も、現在ローン返済中の方もいくら住宅ローン審査通りやすいといえどもオーバーローンにならないように注意する必要があります。

このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなので住宅のためでないものは通常、認められません。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

またもしもこのような借入れが発覚した場合、これを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので家族と自分の未来のために考えて結論を出すようにして下さいね。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からどちらが審査通るとか金額的に良いなどとお薦めなどはありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって年収200万円でも審査に通りやすいかどうかが左右される。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、住宅ローン審査通りやすい金融機関においても審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

自分の家を買うとき、だれでも最初に考える事は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

普通は、住宅ローンを審査通りやすい銀行や給与振込み口座となっている信金などから借り入れする人がほとんどでしょう。

申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険を掛けます。

この団信保険は、申請者に何かあった場合残った借金が0円になる。

という保険です。

今後、マイホームの購入などで年収200万円でも住宅ローン審査に通りやすい銀行にて借り入れを検討している方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に、これからのことも考えてみて下さいね。

まとまったお金が入った時に返済できれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

ただ今の世の中は、賞与やボーナスといったものが確実に出ない会社も多数あり場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

「やっぱり自分の家くらいは建てとくべきか・・・」と思ったとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申し込みした場合、初めに審査があります。

それをパスしない限り、次の契約には進めません。

審査通るかどうか、通りやすいかどうか重要視されるポイントとしては仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

また、カードローンの使用歴などもチェックされるケースが多いので今後住宅購入を考えているのであればあまり無謀な使い方はされないことをお勧めします。