住宅ローン選び方初心者向け

住宅ローンガイド

住宅ローンで失敗しない賢い選び方

上手な住宅ローン選び方を知るためには、他に色々と知らなければいけない情報がありますよね。例えば、頭金の額でどれくらいトータルの返済額が変わってくるのかとか、負担なく返済できる借入額とか、住宅ローンの金利についてとか・・。色々な情報を得ているのといないのとでは、住宅ローンの組み方も違ってくるでしょう。それからすでに住宅ローンを払っている人の場合は、今の住宅ローンよりも、借り換えによるメリットの方が大きいなら、思いきって借り換えをするという選択もアリですよね。

住宅ローンの負担を少しでも軽くするためには、自分で勉強しなければいけないことが山ほどあるのかも・・。ネットなら、銀行のホームページ住宅ローンシュミレーションが載っているので、そういうところで簡単に数字をはじきだして、これくらいの借入なら返済の負担がないとか、この金利なら借り換えの方が得だとか、色々とやってみるといいんでしょうね。まずは今の自分の状況をよく把握して、返済負担率がどれくらいならムリのない生活ができるのかを考えることが大事でしょう。

住宅ローンの返済方式に関しても、元利均等返済方式と元金均等返済方式の2通りがありますよね。どちらの方がトータルして得になるのかというと、元金均等返済方式ですが、最初の負担が大きいため、元利均等返済方式を選ぶ人が多いんじゃないかな。でも考えてみると、子どもが小さいうちは少々負担が大きくてもなんとかなりますが、子どもが大きくなり教育費にお金が飛んでいくようになると、かなり厳しい経済状況に陥ってしまいますよね。

だから、子どもが小さいうちに支払いを多くして、大きくなるとともに負担を減らす方が正解かも・・。もちろんそれぞれの状況によって、どちらがいいとは言えませんけどね。元金均等返済方式で最初の負担が大きすぎて、返済できなくなってしまったり、生活に支障をきたすなら、やはり元利均等返済方式で定まった金額を返済する方がいいでしょう。人それぞれ生活スタイルも違うわけだし、自分たちがよりよく生活できそうな返済法を選ぶのがベストなんだろうなあ。

住宅ローンもいろんな様式があるので、収入や支出などもよく考え、自分に最適なものを選ばないとね。長い付き合いになる住宅ローンの選び方って、思っている以上に重要なことなのかも。もし途中で生活状況が変わったりした場合は、借り換えという方法もあるし、常に変動する金利や生活状況を踏まえて、住宅ローンと向き合っていくことも大事ですね。

住宅ローンのつなぎ融資をご存知ですか?

どんな家でもローンを組んで建てる方が多いのですが、その中でもつなぎ融資という一つのローンをご存知でしょうか。

こちらの融資は、十分な経費を用意できない場合、臨時で融資してもらう特別なローンの事を指します。

大抵の場合本名ローンは家が完成してからでないと始まらないので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

とは言っても、金利が比べ物にならない程高く日割り計算のため一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

信用できる銀行を探す事を最優先とし、契約内容もきちんと把握し無理なく続けられる計画作りがとても大切です。

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、詳しく知りたい方はシミュレーションをお勧めします。

賞与などを利用した返済にするのかしないのか、借入れする金額から希望する内容を細かく設定できるので、住宅ローンの総返済額を把握できるのでとても便利です。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

算出した数字は一つの判断基準としてとらえましょう。

不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は借りたお金を何年で返し、完済したいのか話し合いましょう。

普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。

たいていの場合は、出来るだけ早く返済出来るようにしています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

今後引かれるお金や必要になってくる経費も合わせて検討し、日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

マイホームの夢を実現させたい!と願ったとき銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?困惑してしまうケースも多いです。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋の担当者に任せても良いですし、インターネットバンキングでも受け付けることができます。

しかし、どこで受け付けようとも審査を受ける必要があり申込者全員が通る。

という物でもありませんので、注意が必要です。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

数年以内に住宅ローンを希望されている方は、融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

参考:イオン銀行の住宅ローン審査基準はどう?借りやすい?

なので是非、ローンを組む前に総合的にはいくらかかるのか、合計で計算することで、全体像が見えてきます。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったりその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

マイホームの為に思い切って借りやすい住宅ローンを申込みしたけど、審査に落ちた…なんて方は意外と少なくないのです。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

もしも年収200〜300万円の方は難しいかもしれません。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。

毎月の住宅ローンの支払いをしていると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。

その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすることによって、ローンの元の金額を減らす事ができますので、返済金そのものを減らす事ができます。

借入額が減るという事は、月々の返済額も減るという事です。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき住宅購入時の貸付が頼りになるでしょう。

申し込んだ場合、審査があります。

パスしないと先にはいけません。

特に重要視されがちな判断材料は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

加えて、ローンカードを使用したことがあるかどうかも厳しくチェックする所はチェックされますのでもしも今後住宅が欲しいと思っているのであればあまり無謀な使い方はされないことをお勧めします。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金が無くても購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。